• ホーム
  • アレグラの価格・入手方法について

アレグラの価格・入手方法について

花粉症は春と秋に多くの人が症状を引き起こします。そのためその時期は医療機関はどこも混み合っており、薬をもらうだけでもかなりの時間がかかってしまうことがあります。花粉症はスギやヒノキの他に、ハンノキやシラカバなど様々な植物の花粉が影響しているので、自分に合ったものを見つけるのも一苦労で、薬を服用しても改善する様子がない場合は、薬を変えて新たに治療を開始する必要があります。

アレグラの場合、アレグラ錠60と同じ成分で同じ量が含まれた市販薬があり、市販薬はアレルギー性鼻炎専用の薬として販売されており、第2類医薬品のため薬剤師か登録販売者がいるドラッグストアでも購入することができます。もちろんインターネットでの購入も可能です。市販薬のアレグラはひと箱に14錠入っているので、だいたい1週間分で使い切る形になるので、終わり次第購入する必要があります。

子供用のものもあるのですが、子ども用のものはアレグラの成分であるフェキソフェナジン塩酸塩が30mgと半分の量であり、しかも要指導医薬品なので、薬剤師がいないと購入できない仕組みになっています。子供の症状がひどい場合は、薬剤師がいる時間帯に購入をするか、医療機関にて処方してもらう方が良いでしょう。大人用のものを半分にした場合、理屈の上では成分も半分になるのですが、副作用の心配もあるので、そのようなことはせず、必ず小児用のものを服用するようにしてください。

アレグラ錠60は、入手方法としてドラッグストアでの購入の他に個人輸入でも手に入れることができます。個人輸入は手続きなどに手間がかかるため、だいたいの場合は個人輸入代行サイトを使用して購入したほうが便利です。価格に関しては、少量の場合は市販薬とさほど価格は変わりませんが、個人輸入の場合、購入するアレグラの数が多ければ多いほど価格も低いことが多いので、まとめて購入する場合は入手方法として、個人輸入のサイトを考えてみても良いでしょう。

花粉症は多くの人がなっているので、薬をもらうのも一苦労ですし、仕事をしているとドラッグストアがしまってしまうこともあります。このような時のために、サイトを通じて個人輸入しておくと花粉が飛散する前から準備をすることができ、いざという時に症状を抑えることができます。ただし、処方薬の場合は保険適用となりますが、個人輸入の場合は保険の適用にはなりません。どちらの価格が低いかは一概に言えないので、自分の生活スタイルを考えながら購入を検討するようにします。

なお個人輸入のサイトを利用する場合は、信用できるところなのかしっかり確認をする必要があります。サイトの作りや口コミの多さだけで判断せず、総合的に見るようにしてください。会社の所在地や連絡先は実在するところなのか、支払方法や受け取り方法はどうなのか、という点なども併せてみておくと安心して個人輸入にて購入することができます。