鼻をかんでいる女性
公開履歴
花粉症なので調子が悪い女性

花粉症などのアレルギーの症状は、抗ヒスタミン薬を使用することで症状を和らげることができます。花粉症は早ければ1月の終わりから飛散が始まり、2月には流行のシーズンに入ります。最初に起こるのがスギやヒノキで、少し時期がずれてハンノキやシラカバが流行を迎えます。

花粉が飛散するシーズン前に抗ヒスタミン薬などのアレルギーに効果のあるものを服用することで、実際に花粉のピークを迎えたときに、症状を抑え抗ヒスタミン剤などの薬の量も減らすことができます。抗ヒスタミン剤には、様々なものがあります。大きく分けて第一世代と第二世代に分かれており、予防としても使用できるのが第二世代のものとなります。第二世代は第一世代に比べて脳に入りにくく、脳の活動を妨げることが少ないものがほとんどであるので、眠気などの副作用が起きにくくなっているのです。

第二世代抗ヒスタミン剤の中で、副作用が少ないものとしてアレグラ錠60があります。アレグラ錠60はフェキソフェナジン塩酸塩が主な成分で、フェキソフェナジン塩酸塩が60mg入ったものとなっています。通常の抗ヒスタミン剤の場合、服用タイプであればアレルギー性鼻炎や蕁麻疹、湿疹といった皮膚の症状に、点眼タイプであれば目のかゆみが改善することが多いのですが、アレグラの場合は、さらにアトピー性皮膚炎や乾燥によるかゆみといったものにも効果があります。いろいろなタイプのアレルギーに効果があるのが特徴で、アレルギー性鼻炎の治療の他に、皮膚のかゆみが起きた時にも治療薬として処方されることが多いです。

そしてアレグラの主成分であるフェキソフェナジン塩酸塩には、症状のもととなるヒスタミンの放出を抑える抗アレルギー作用と、すでに放出されたヒスタミンの作用を抑制する抗ヒスタミン作用、そして炎症細胞に対してその影響を抑制する抗炎症作用があります。この3つのバランスが良いので早くに花粉症の症状を軽減することができるのです。

アレグラは、医療機関で処方されるものと、ドラッグストアなどで購入できる市販薬とがあります。市販されているものは、アレグラFXという名で販売されており、処方されるものと同じようにフェキソフェナジン塩酸塩が含まれています。同じ成分が同じ量含まれているので、処方薬と大差はないですし、錠剤の大きさや形、添加物に関しても同じです。服用する回数も1日2回、1回1錠と同じなのですが、市販薬のアレグラFXの場合は皮膚に関する症状を改善できるとは記載されていません。胃に負担をかけないため空腹時も服用できるのが特徴でもあります。

処方薬と市販薬の違いとしては、服用できる年齢が異なることがあげられます。処方されるものはアレグラ錠60の場合、12歳以上で服用することができますが、同じ量のフェキソフェナジン塩酸塩が含まれているアレグラFXは15歳以上でないと服用することができません。15歳未満の場合は、アレグラFXジュニアと呼ばれるものを服用します。このアレグラFXジュニアには、フェキソフェナジン塩酸塩が30mg含まれており、服用方法は同じです。年齢が異なる点はきちんと確認をしておかないと、わからなくなることがあるので、パッケージや説明書をよく読むようにしてください。

眠くならず、しかも集中力が途切れることの少ないアレグラは、花粉症の時期には大活躍する薬です。アレグラの場合、副作用が少ないこともあり、花粉症の予防としても使用されることが多いです。抗ヒスタミン薬は効くまでに2週間程度かかるので、予防として使用する場合は花粉飛散が始まる少し前から服用を開始するようにしてください。

記事一覧
アレグラは風邪薬と一緒に飲んだら副作用がある 2020年04月21日

春の花粉症の場合、同じ時期に風邪やインフルエンザが流行していることがあり、目のかゆみや鼻水が花粉症なのか風邪なのか見分けがつかないことが時々あります。通常の場合...

アレグラのジェネリック医薬品はある? 2020年05月26日

アレグラは、処方薬と市販薬がありますが、一般的に知られている市販薬であるアレグラFXは、処方薬と同じフェキソフェナジン塩酸塩です。そしてアレグラFXと同じように...

アレグラの価格・入手方法について 2020年05月06日

花粉症は春と秋に多くの人が症状を引き起こします。そのためその時期は医療機関はどこも混み合っており、薬をもらうだけでもかなりの時間がかかってしまうことがあります。...

アレグラは子供が飲んでも良いの? 2020年04月03日

アレグラは抗ヒスタミン薬の中でも副作用が少ない部類の薬であり、眠くなりにくい特徴があります。大人だけでなく近年では子供でも花粉症になることが多く、症状は大人と同...

アレグラを大人が服用する場合の注意点 2020年03月16日

アレグラ錠60は成分であるフェキソフェナジン塩酸塩が60mg入っており、花粉症の症状である鼻水や鼻づまり、くしゃみといった症状を軽減していくことができる薬です。...

アレグラ錠のしおり 2020年03月05日

アレグラ錠60は、フェキソフェナジン塩酸塩が60mg含まれた錠剤で、アレグラはこのほかに30mgのものや、OD錠になっているものもあります。アレグラ錠60の場合...